スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機感

最近自分の足を見て、しみじみ感じることがあります。
細くなったなぁ、と。。。
とくに太ももの筋肉が驚くほど痩せて来ています。

車イス生活になり、はや8カ月といったところでしょうか。
今や家の中でも車イスが欠かせません。
まあ、手すりをつたって行けない事もないのですが、
慣れって怖いものですね。。。
やはり人間楽な方に流されてしまいます。
そして、運転も危ないといわれ、
外出も自由にできなくなり、家にいることが多くなりました。

結果、今の体です。
誰が悪いわけではありません。
自分の中にある弱さがそうさせたのです。
僕は今こそ危機感を持って、色んな事を学んだり、体を鍛えたり
しなきゃいけない時が来たと感じました。

早く僕の筋肉復活の報告ができるよう
努めていきたいと思います。
スポンサーサイト

きょうは何の日?

157年前のきょう
人力車の営業が開始された日だと
お昼の情報番組でやっていました。

僕が印象に残ったのは、その中で語っていた若者
の言葉です。
「人との出会いの中で、自分が成長していく」

今僕はそういった環境からかけ離れた所にいます。
仕事は休職中で、金銭的な問題はありませんが、
外に出る機会が減ったので、人との出会いは極端に
減りました。
まあ、けっこう気は楽ですが、
このままじゃいかんなと危機感も持ち始めました。
生活習慣も遅寝遅起きと、
だらしない生活が続いています。

こういうドキュメントを見るたびに
自分は今の生活に甘えているなと
とても考えさせられます。
考えるだけじゃなく、次へ進むために一歩を
踏み出せるようにしていきたいです。

葬式

昨日は葬式でした。
12時からということで、
9時に起き、10時に家を出ることができました。
30分ほどで斎場に到着します。
その間、車中でいろいろ弟と話をしました。
こんな機会がないと、あまり兄弟間で会話のない
僕らにとって、とても有意義な時間になりました。

葬式の前に・・・
親族揃っての写真撮影です。
知らない人も大勢いる中での撮影に、
ちょっと顔が引きつったかな。。。
2枚撮られました。

そして、葬式へ・・・
お坊さんのお経。
焼香。
そして最後のお別れです。
棺に花を入れる時、「心配せんで・・・」
声をかけながら、また泣いてしまいました。
棺の中の伯父の顔は安らかな顔でした。
それを見たら、尚更もう会えないんだという
思いがこみ上げて来て、涙が止まらなくなってしまいました。

人の命ははかないもの・・・
いつその時がくるかはわからない。
だからこそ、一瞬一瞬を一生懸命生きなければいけない。

僕が一つの死を目の当たりにして学んだことです。
伯父は最後脳幹出血で、病院に着いた頃には、
もう手遅れで、脳死の状態だったようです。
一度入院しているという病院に、
熊本まで行きました。
呼吸器だけの状態にショックを隠しきれませんでした。

もう悲しむのはここまでと決めました。
それから、火葬場へ移動し、棺を燃やし、
そして、骨を拾い集め、箸渡しをして
骨壷に納め、位牌とともに家に帰ります。

僕は亡き父のことを考えていました。
父も同じようにしたなぁ・・・。

そして、鮮明に残っている記憶・・・
伯父さんがうちに来たときに、父を二階におんぶして
連れていき、二階からの。
景色を眺めさせてくれました。
きっと父もその時のことが忘れられないのだと思います。

まぁ何はともあれ、無事に見送ることができました。
かなり疲れは溜まりましたけど・・・
きちんと見送れたので、気持ちはすっきりしました。

ニュースタイル

ごぶさたーんです。
お待たせした?かどうかは分かりませんが
約1月半ぶりの更新です。

この1月半、何をしていたんだって?
まぁ、とにかくボーっとしていました。
そんな僕の周りでは色んなことが起こりましたが・・・。

弟の転職。。。
母の入院。。。
伯父の死。。。
立て続けに起こりました。
こういったことをその時に記録していかないと
人間って不思議なもんですね。。。
忘れていってしまいます。

昨日、新しくパソコンを購入しました。
今まで使っていたのは、接続にやたら時間が
かかってしまい、イライラするため、
パソコンに向かうのも億劫になりがちでした。

ニュースタイル、ヤマーキー。
これからもよろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
好きな音楽2
ゆず[栄光の架け橋」
Funky Monkey Babys「涙」
スキマスイッチ「奏」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。