スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星守る犬

「星守る犬」
夜星を見上げて、それを守っているかのような犬のように
高望みをする人のことを指す言葉だそうです。

一昨日、家のリフォームが着工となり
トイレが使えなくなるので、
1日出かける事になっていました。

ふいに思いついたのが、「映画が観たい」

ということで、観に行きました。
犬の映画って卑怯ですよね。
それとも、僕が年を取ってきたのか・・・。
僕はこの映画を観て、号泣してしまいました。


まず、森の中で白骨化した遺体と犬が発見される。
その遺体を調査しに発見現場に出向いた市役所職員の奥津恭介は
そこで見つけたレシートを手がかりに、
その遺体の人物の軌跡を辿って行く・・・

その時々で印象を残していったおじさんは、
ハッピーという犬と一緒に最後の旅を過ごし、
北海道の森の中でついにガソリンもお金も使い果たし、
冬を越せずに力尽きる・・・

僕が一番感動したのは、その死んだおじさんの側を
離れなかったハッピーの健気な姿です。
最期は、近くのキャンプ場で角材を投げつけられて
力尽きるのですが、そのシーンを思い出すだけでまだ泣けてきます。

僕も病気が良くなって、また以前のように
動き回れる日が来ることを望んでいます。
それが高望みかは分からないけれども
人間生きている限り「星守る犬」ですね。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
好きな音楽2
ゆず[栄光の架け橋」
Funky Monkey Babys「涙」
スキマスイッチ「奏」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。